労働雇用法

企業にとって、労働者は大切な財産です。従って、企業は、労働雇用に関する法的事項に最善な留意を払う必要があります。

当事務所は、小、中及び大規模の企業に、広範囲な労働雇用に関する法務サービスを提供しています。当事務所の弁護士は、労働雇用法務に関する広範囲にわたる専門的知識及び経験を有し、しばしば海外の弁護士やオランダ国内及び海外の税務アドバイザーと協働しています。

クライアントの皆様のニーズを見極め、きめ細かく親身な労働雇用に関する法務サービスを提供できると確信しております。

取扱い分野は、以下の例を含む、この分野に関する法律業務全般にわたります。

  • M & A に関連した雇用法事項
  • アウトソーシング及びセカンドメント
  • ストック∙オプション∙プラン及び従業員に対するその他のインセンティブ·プラン
  • リオーガナイゼイション(再編制)及び集団解雇
  • 一般的雇用及び社会保障関連事項
  • 事業の移転
  • 労使関係及び労働協約
  • 国際(クロスボーダー)雇用事項
  • 従業員協議会に関する事項
  • 雇用に関する訴訟
  • 雇用の終了
  • 雇用契約及びサービス契約